うるつや髪を保つ食生活!栄養に気をつけよう

うるツヤ髪を保つ注目の食材とは

美しい髪に感じる魅力

髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質からできています。 80~85%がタンパク質、11~13%の水分、4~5%が、黒い髪を形成するメラニン、そして脂質で構成されています。 という事は、まず、十分なタンパク質を取るのが大切です。 そして、その吸収を補助するビタミン、亜鉛をバランス良く取ることが必要です。

積極的に取りたい食品

むかしから、昆布やわかめは髪のために良いと言われてきました。 これらには、髪に必要なタンパク質を合成するアミノ酸が含まれています。 でも、その量は多くは無いので、それだけは十分ではありません。 髪のために取りたい栄養素はタンパク質以外にも、ビタミン、そして亜鉛等が挙げられます。

髪に良いミネラル類

髪の主成分であるタンパク質を効率良く吸収するため、ビタミンと共に取ると良いとされているのが亜鉛をはじめ多くのミネラル類です。 細胞を正常に機能させる効果があり、特に、新陳代謝のサイクルが早い髪のためには積極的に取る必要があります。 ただし、不足すると問題ですが、過剰に取り過ぎても良くありません。

しっかり栄養をとらないと

髪は美しい女性の条件であった時代がありました。
現在になっても魅力の一つであることは間違い無い様です。

20代の男性と女性に、髪の毛の状態が良い、たとえばつやがあったり、サラサラだったり、という美しい髪は、女性の魅力に影響するか、というアンケートを取ったところ、9割の方が「する」と回答しました。
では、どれくらい魅力がUPするのか、という質問については、およそ4割ほどUPするという結果が出ました。
現代でも、髪の美しさは、女性の魅力に対して大きく影響しているのです。

面白いことに、髪に対して、どんなところに魅力を感じるか、という点では、男女の間で意見が割れているのです。
女性は、最も魅力を感じるのは髪型なのに対し、男性はツヤと応えた方が最も多く、なんと6割以上が回答しました。
ツヤが魅力を左右するか、という質問に対し、男性の8割以上がYesと答えています。
逆に言えば、髪がつややかで美しい女性は男性にとって非常に魅力的に映るということですね。

女性が髪のツヤに無関心という事ではありませんが、男性からは、髪型よりもつややかな髪の方が注目されているという事なのです。
水分量が少なく、パサついている髪の女性に対しては、食生活がみだれていたり、疲れている、という印象を持たれているようです。
恋愛対象として男性から好印象を持たれたい、という方はもちろんですが、お仕事をする上でも、髪の状態が良いと、好感をもたれ、仕事がしやすくなる、という事もある様です。
異性からも、同性からも好感を持たれるつや髪になるために、気を付けたい食生活についてまとめてみました。